自己破産を弁護士に依頼するメリットは、手続きに必要な書類作成の大半を任せる事ができる点です。自己破産の書類は本人でないと取り寄せられない書類もありますが、それ以外の書類は全て弁護士が代行してくれます。裁判所へ提出する書類は全て弁護士で作成可能です。

弁護士自己破産の決定権は裁判所にあります。自己破産が成立するためには、裁判所に免責決定を認めてもらう必要があります。現在の状況を正直に申告するだけですが、ミスが許されない時もあり、慣れない人には一苦労です。弁護士は裁判手続きのプロですから、書類の抜けなどなく安心して任せる事ができます

自己破産の手続きで一番辛いのは、裁判官と直接対峙する審尋です。裁判官も人間ですし、法律に基いた手続きですから怖いものではありませんが、これも慣れない人にとっては恐怖でしょう。弁護士に依頼すればこの審尋に同席してもらえますから、気持ちに余裕が持てます。同席する弁護士は代理人として本人の代わりに回答する事が認められています。審尋での答えにくい質問にも、弁護士が代わりに答えてくれます。

費用は弁護士によって違いはありますが、着手金、実費、成功報酬含めて30万円前後が相場です。しかしこれはあくまでも一般的な数字で、借り入れ状況によって変動はあります。